【特別講義】
初学者向け工場データ異常検知の
ハンズオンセミナー

AIJO-SE04

本セミナーでは、製造現場で用いられる異常検知という観点から、Pythonや数学の知識が実務にどのように役に立つかをハンズオン形式でご紹介します。
具体的には、とある製造工場を想定し、時系列データの異常検知と、画像の異常検知をコードを交えてご紹介していきます。
Pythonや数学の初学者でもご参加いただけるよう、ハンズオンでは基礎的なデータ解析技術のみを取り扱いますので気軽にご参加ください。
※2022年8月に開催しました同セミナーが大好評につき第2回の開催が決定いたしました。

【ペア参加可能(1名様の料金でペア参加が可能)】
本特別講義は、1名の料金でペア(代表者1名+もう1名)での参加が可能となります。
お申し込み(お支払い3,300円/税込)は代表者様1名分のみ。
申込完了後、事前アンケートをお送りしますのでペアでの参加を希望される場合はその旨アンケートにご記入ください(またはメールでも可)。
希望者には個別その後のフローをご連絡いたします。
ぜひこの機会に、友人・同僚・知人等お誘い合わせの上、奮ってご参加ください!

【ペア参加の条件】
①1ペア最大2名まで(代表者含む計2名)
②代表者以外の参加者は過去AIジョブカレの講座を受けたことが無い、新規の方に限ります。(既存の受講生は、個人または代表者としてお申込みください)
③人数上限を設けておりますので、当日必ず参加できる方。(終了後の動画配信・受け渡し等は行っておりません)
※お申し込み後、ペア対象外と判明した方は参加をお断りする可能性がございますので予めご了承ください。

【日時・概要】
2023年2月28日(火) 19:30〜21:30
※オンライン開催となっております。
※本セミナーの参加には受講料の事前支払が必要です。お支払が確認できました方には当日のZoomURLを順次お知らせいたします。

【タイムスケジュール】
19:30 事務局より開始の挨拶(1~2分ほど)
19:30〜21:30 石川講師によるハンズオンセミナー
21:30 事務局より締めの挨拶&アンケートご回答(1~2分ほど)

【セミナー内容】
1.セミナーの趣旨と状況設定
異常検出の使いどころをよりリアルに想像して頂くために、仮想の製造工場のご説明をします。
2.不良の早期予測
主成分分析とそれを用いた異常検出をご説明し、時系列データに対してそれを適用します。
3.画像異常検知の最新トレンド
2021年に発表された最新の画像異常検知手法であるPatchCoreをご説明し、画像データに対してそれを適用します。

【対象者】
・Pythonとnumpy、pandas、matplotlibの基礎が理解できていること
・数学の基礎知識、特に行列演算と固有値分解が理解できていること
・深層学習の基礎知識(画像から特徴抽出ができる、ということだけ知っていればOKです。講義内でも簡単にご説明します。)

【料金】
特別講義:3,300円(税込)

【申込期日】
クレジットカード決済は2月27日(月)12:00まで
クレジットカード決済以外(コンビニ決済、銀行ATM決済、ネットバンキング決済、電子マネー決済)の申し込みは入金締めの兼ね合いから2月23日(木)まで

【定員】
35名(上限に達し次第、申し込みを終了いたします。予めご了承ください。)

【お支払い注意事項】
お支払いはすべて事前支払となります。
領収書発行が必要な方は、お申し込み後にご連絡ください。
法人名義のご請求書が必要な場合は別途法人契約が必要となりますのでこちらからお申込みください。

受講形態
受講会場・日時

特別講義 

3,300(税込)
商品を購入できません
無料説明会に参加 講座に申し込む