なぜ今
インフラ基礎講座を学ぶ必要があるのか?

ビジネスの現場で着実に増えつつある人工知能の応用。
一方で、人工知能を活用したいという企業の多くがつまずく点として、データを整備する環境を整えることがあります。

あらゆるデータの形式や保存方法、場所がぐちゃぐちゃになっていて、 その整理・統合をする作業からはじまり、分析基盤をつくるところで人工知能のプロジェクトが止まっている現実があります。

今この講座を受講しておくことで、受託(ベンダー)企業や自社サービスをもつ事業会社どちらでも基盤構築からはじめる人工知能・機械学習プロジェクトに役立つスキルが得られ、プロジェクトを進められることでしょう。

また、クラウド基盤はセキュリティ面でのリスクもほぼないということが認知され、今や金融機関でも導入が進んでいます。

データも増え続ける昨今、オンプレ環境からクラウド環境へリプレイスする案件もますます進んでいき、インフラ・データベースエンジニアの求人数は年々増加していくと予想され、需要の高い職種となっております。その観点からも今この講座を学んでおくことをおすすめします。

インフラ基礎講座は
こんな方におすすめです

ディープラーニングを体系的に学び、自社ビジネスに活かしたい方

人工知能・機械学習やディープラーニングを活用したいが、データがそもそもバラバラになっている

AI・DeepLearningエンジニアとしてキャリアアップしたい方

機械学習の問題以前に分析基盤(インフラ)の知見がないため、体系的に学びたい

クラウド全般の知見もつけて付加価値をだしたい方

エンジニアとして開発メインだったが、今後をふまえてクラウド全般の知見もつけて付加価値をだしたい

クラウドに関する経験が少ない方

ゆくゆくは自社でAIをやりたいが、クラウドに関する経験が少ない

インフラ基礎講座が
目指すゴール

異常検知

​1. データ分析基盤の構築に必要な技術やコンポーネントを理解している

分類・推薦

2. データ分析基盤に必要なコンポーネントをクラウド(AWS)を用いて構築できる

​​具体的な到達目標

  • Docker(ドッカー)の概要と一連の仕組み・流れが理解できる
  • クラウドとは何かを理解している(IaaS・PaaS・SaaSなど)
  • 各社クラウドサービスについて概要を理解している
  • Linuxコマンドの基本的な操作ができる
  • データ処理(抽出、変換、読込みなど)を理解しており基本的な処理が行える
  • クラウド(AWS)の基本的な操作ができる
  • クラウド(AWS)を使用してログデータを保存できる
  • クラウド(AWS)を使用して保存したデータを可視化して表示できる
  • 構築したクラウド(AWS)基盤上でデータ分析ができる、またBIツールへ取込める
  • 環境の自動構築を行うことができる(Terraform)

ニーズ急増の注目スキル!

今すぐ講座に申し込む

インフラ基礎講座の
カリキュラム概要

実務活用を徹底的に意識し、目指すゴールを達成できるように、実務経験豊富なインフラのプロフェッショナルがカリキュラムを作成いたしました。

1日目

  • 事例紹介と事前設定

2日目

  • ​クラウドの基本を学ぶ

3日目

  • ログのリアルタイム処理

4日目

  • Elasticsearchでログの可視化

5日目

  • ​AWS Athenaでログを分析する

6日目

  • 自動環境構築(Terraform)

7日目

  • データ処理(DigdagxEmbulk)

8日目

  • 復習および最終課題

​※掲載している講座の内容はあくまで一部です。
​※講座の内容は都合により変更する場合がございますのでご了承ください。

​インフラ基礎講座概要

期間 約4か月 (19:30~21:30の隔週1回2時間×8回=合計16時間)
日程 第5期:5月14日(木) 〜 9月3日(木) 19:30~21:30 (隔週開催)
受付締切:5月11日(月) 17:00まで
  • 1回目:5月14日(木)
  • 2回目:5月28日(木)
  • 3回目:6月11日(木)
  • 4回目:6月25日(木)
  • 5回目:7月9日(木)
  • 6回目:7月30日(木)
  • 7回目:8月20日(木)
  • 8回目:9月3日(木)

​※定員20名(満員の場合次回講座へ振替)、最小遂行人数5名

受講方法

2月25日(火) から 4月30日(木) までの期間、新型コロナウィルスの感染拡大に伴う対応のため「ライブ配信」となります。

【ライブ配信とは】

AIジョブカレのライブ配信は、対面で行っている講座をそのままオンライン配信(ストリーミング配信)しています。 対面講座並みに臨場感のあるライブ配信となっており、対面講座ではあまり質問出来ない方でも講師へ直接チャットができ、リアルタイムで回答をいただけます。
ライブ配信のメリットとして、全国場所を問わずどこでも講座を受講することができます!

【受講方法】

ビデオ会議「zoom」にて実施致します。事前のアカウント設定は不要でございます。

  1. 既存講座zoom移行後 5日前にSlack内にて共有URLを送付致します。
  2. 新規講座初回 5日前開設のSlack内にて共有URLを送付致します。
  • ※いづれも毎週金曜日19:45 ~ zoomが正しく稼働するかのテスト運用(任意)を実施致します。講座開始前にテスト運用をご希望の方は講座開催前週までの金曜日19:45 ~ 20:15に以下のURLよりご参加ください。
    テスト運用URL:https://zoom.us/j/324114915
  • ※本対策により発生する通信費その他費用につきましては、受講者様ご負担となりますのでご了承ください。
場所

4月30日(木) 以降は対面受講になる予定です。

※ライブ配信講座としてスタートした講座に関しては、該当期間経過後も対面には戻さず、ライブ配信形式を継続致しますのでご理解のほど宜しくお願い致します。

  • PMO東新橋:東京都港区東新橋2-12-1 PMO東新橋2F エッジテクノロジー株式会社
  • サンケイ:東京都港区浜松町1-1-9 三恵ビル4階
  • 新橋レンガ通りホール:東京都港区新橋2-14-4 マルイト新橋レンガ通りビル4F
  • 新橋駅前ホールⅡ:東京都港区新橋1-14-7 荒川ビル2F
  • グラシエル:東京都港区新橋5-22-3 ル・グラシエルBLDG.3号館5階

※開催場所は上記いずれかになります。

持ち物 ノートパソコン
  • ※東京会場のみレンタル可能(1ヵ月のみ:7,500円/月、2か月以上:5,500円/月)
  • ※レンタルは事前に10日前までにお申込みください。
  • ※動作環境:MacOSX 10.9以上、Windows 7以上(64bit必須)、メモリ4GB以上
受講前提知識
  • ・基本的に前提知識を持たない方を対象とするが、Pythonによる基本的なコーディング、ライブラリを使用したプログラムが書けると尚可
  • ・Linux CentOS/Ubuntu上での操作を行ったことがあると尚可
料金

80,000円(税別)

※ご入金のお願い:5営業日以内にお支払いをお願いいたします。ご入金をもってお申込み確定となります。

割引
- 友人紹介割 → 5%引き(4,000円お得!)
- 学生割引 → 30%引き (24,000円お得)

※割引併用可能

安心の返金保証

​講座内容およびカリキュラムはエキスパートが作成・監修した自信作です。
万が一講座内容にご満足いただけない場合、講座開始後1週間以内であれば全額返金します。​
※今後の講座の改善のため、アンケートへの回答は必須となりますのでご了承ください。

インフラ基礎講座
お申し込み

AIJO-INFRA01
お申し込み区分
受講形態
受講会場・日時
友人紹介割引

紹介者名
学生割引

学校名

インフラ基礎講座 

80,000(税別)
At present we cannot deal with this product.